FORMULA1

F1ドライバーの歴史上、最も象徴的なイタズラ

想像力、直感、鋭い観察眼、そして実行の速さ。F1ドライバーは、コース上ではこれらのスキルを駆使して、各コーナーでコンマ1秒を削り、コース外では同僚を挑発する。

ヘルメットを脱いだら、一人で、あるいは家族で、モーターホームに閉じこもってリラックスする人もいる。

ある者はしかし、楽しみながらチームメイトや他のチームメンバーに悪戯をするのである。ここでは、サーキットの内外を問わず、最も成功したイタズラをいくつか紹介する。

Getty Images
ベルガーのセナへの悪ふざけ
モンツァサーキットの近くをヘリコプターで飛行中、このオーストリア人は、破壊不能を誇ったブラジル製のカーボンファイバーブリーフケースを放り投げたことがある。また、オーストラリアに行ったとき、ホテルの部屋に12匹のカエルを放ったのも印象的だった。
Getty Images
ペレスがエンジニアに仕掛けたイタズラ
2011年、フェラーリエンジンを搭載したザウバーからF1デビューを果たしたセルジオ・ペレス。日本GPでは予選で17番手となり、日曜日を台無しにしてしまう。しかし、2回のピットストップとタイヤの使い方がうまく、42周目には8番手まで順位を上げることに成功する。しかし最終ラップになると、無線で「パワーがない、パワーがない」と叫び始め、周囲を困惑させた。8位でゴールした彼は、"ハハハ、冗談だよ "と笑い声を上げた。
Getty Images
ニキ・ラウダがジャーナリストに仕掛けたイタズラ
映画「ラッシュ」の公開を機に、アメリカのテレビクルーと一緒にベルグヴェルク・カーブの墜落現場に戻った。リポーターが感想を聞くと、彼は話し始めた後、草むらに目をやり、何かを拾い上げ、"Look what's here?僕の耳だよ"。カメラマンも女性も唖然としてしまった。実は、彼はさっきまで隠していたクッキーを手にしていたのだ。
Getty Images
ピケがマンセルに仕掛けた悪ふざけ
ネルソン・ピケとナイジェル・マンセルは、1986年と1987年、当時最高のシングルシーターだったウィリアムズ・ホンダでチームメイトとして活躍した。最後から3番目のレースは、メキシコGPだった。練習走行でブラジル人の彼は、腸の調子が悪いのかイギリス人の彼が頻繁に止まっていることに気がついた。ある時、彼はすべてのトイレからトイレットペーパーを取り去ってしまったが、同僚がそれに気づいたのは彼が座った後だった。
Getty Images
アレジがベルガーに仕掛けたイタズラ
ある日、マラネッロでアレジが「フィオラノまで乗せていってくれ」と言ったという。しかし、アレジは車を持っていなかったので、当時スクーデリア・フェラーリのディレクターだったジャン・トッドのY10を借りた。アレジはあえて全開で走ったが、ベルガーはハンドブレーキを引いてそれに応えた。横転するまではレース場まで安全だった。メカニックは一瞬にしてマシンを四輪に戻し、防水シートをかけた。
凶暴な動物たち
29/02/2024
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.